未分類

副作用の危険性は?メリフバームクレンズの全成分の効果と危険性を解説!

今回はメリフバームクレンズの副作用について紹介します。

メリフバームクレンズに使われている全成分の副作用危険度や期待できる効果について一覧でまとめてみました。

結論から言うとメリフバームクレンズは安全性の高いバームクレンジングですが、どんな成分が使われているか気になっている人はこの記事をしっかり確認してみて下さいね!

メリフバームクレンズの公式サイトはこちら

成分名 副作用の危険度 効果
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル カプリル酸、カプリン酸とグリセリンから得られる油性成分で、肌を滑らかにする働きがあります。
トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル イソステアリン酸とポリエチレングリコールのグリセリンエステルより得られ、乳化剤として用いられます。
炭酸ジカブリリアル 低濃度で高い拡散性があり、紫外線吸収剤のような難溶性成分も溶解させるエステルオイルです。
ポリエチレン エチレンが重合した構造を持つ高分子で、最も単純な構造をもち、様々な用途に利用されています。
トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル 乳化や、クレンジング系の洗浄基剤目的で化粧品に配合される非イオン界面活性剤です。
ペンチレングリコール 細菌の増殖を防ぐ作用がありますが、どちらかというと製造中の殺菌・抗菌がメインの成分です。
トコフェロール 医薬品、食品などに疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として広く利用されています。
ダメージを減少させる効果があります。常水を蒸留して精製した水で、肌への浸透性が高いです。
BG アセトアルデヒドのアルドール縮合物を水素添加して得られる多価アルコールで、保湿剤です。
アスタキサンチン サケの切り身やイクラに含まれる赤色の色素です。 抗酸化力が極めて強いのが特徴の成分です。
コメヌカ油 軽い使用感を付与するエモリエント作用や、紫外線を吸収して皮膚を保護する働きなどがあります。
アーモンド油 マッサージオイルや保湿クリームによく使用されています。 オレイン酸を主体とする半乾性油です。
アルガニアスピノサ核油 肌へ水分を補給し、乾燥肌やシワの予防に優れています。また肌の栄養補給や保護をします。
オリーブ油 エモリエント作用があります。アトピーや湿疹、乾燥肌のスキンケアによく使われている成分です。
ゴマ油 保湿効果やエイジング効果に優れているため、油剤、保護剤として使われている成分です。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 皮脂の分泌抑制作用や、抗酸化作用、美白作用、メラニン色素生成抑制作用などがあります。
ホホバ種子油 高い保湿効果があります。肌なじみが良く、精油のキャリアオイルとして最も多く使用されています。
ローズヒップ油 高い保湿力のある、1キロの野バラの種子から3グラム程度しか抽出できない希少なオイルです。
加水分解ヒアルロン酸 肌の角質層に浸透しとどまる、浸透型ヒアルロン酸といって超低分子ヒアルロン酸です。
デキストリン 適度な粘度を与える、分離を防ぐ、粉末食品をサラサラで均一の状態に保つなどの用途があります。
乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液 果糖やリンゴ酸、クエン酸、ミネラル、遊離アミノ酸、タンニンなどが含まれ、保湿作用があります。
グリセリン 無色で粘性がある保湿力のある成分で、化粧品の基本成分として使用されています。
パパイン 角質を分解し皮膚を滑らかにするピーリング作用や、新陳代謝の促進効果などがあります。
オレイン酸ポリグリセリル‐10 親油性界面活性剤として成分を乳化したり、肌を柔軟にしたりする効果が期待できます。
ラウロイルラクチレートNa 皮膚保護作用などを持っている成分です。ラウリン酸と乳酸で構成された乳化安定剤です。
レシチン 保湿効果が高い成分です。リン脂質ともいい、細胞膜を構成している大事な成分の一つです。
ウンシュウミカン果皮エキス 抗炎症作用や血行促進作用、セラミド合成促進による保湿・バリア改善作用があります。
ローズマリー葉エキス 消炎作用、抗酸化作用、収れん作用、血行促進作用があり、アンチエイジングを目的に配合されます。
オリーブ葉エキス 油剤、保護剤として使われます。なじみがよく、肌を柔軟にし、水分を保持する効果に優れています。
ハマメリス葉エキス 収れん、消炎、創傷治療、酸化防止などの効果があり、肌を引き締めキメを整える働きがあります。
コメヌカエキス エラスチンの分解抑制効果があります。肌本来が持つ潤いを保つ脂質に似た働きがあります。
セラミドNP 肌内から水分が外にでるのを防いだり、乾燥やほこりなどの外敵から皮膚を守る働きがあります。
ベニバナエキス ビタミンEが豊富なことから血行促進や抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果が期待できます。
水溶性プロテオグリカン 経表皮水分量蒸散抑制による保湿作用や、皮膚弾力改善効果、しわ改善効果などがあります。
レモン果実エキス 保湿や血液の循環を促し肌の色を明るくする、レモンの果実から得られる植物エキスです。
セラミドAP 角質を柔らかくして剥がれ落ちやすくしてターンオーバーの正常化を促進す成分です。
フィトスフィンゴシン 皮膚最外層に存在する脂質の1つであり、皮膚バリアの主な成分として機能しています。
コレステロール 保湿効果やらバリア改善作用があります。エモリエント剤や乳化剤として使用されています。
ヨモギ葉エキス 抗菌作用、血行促進作用、色素沈着抑制作用、抗糖化作用、かゆみを軽減する作用などがあります。
キサンタンガム 高い保湿効果や、分離安定剤としても使われます。高濃度の塩類との相溶性が高い成分です。
カルボマー アルコール類や多くの高分子原料ともよく混ざり合い、微生物汚染にも強い成分です。
コメヌカスフィンゴ糖脂質 角質層で細胞間のすき間を満たし、細胞どうしや水分・油分などをつなぎとめている成分です。
ウコン根茎エキス 保湿効果に非常に優れています。肌に潤いを与えてくれ、乾燥から守る働きがあります。
アーチチョーク葉エキス 肌荒れを防ぎ、ハリをアップさせる効果や、毛穴トラブルの原因にアプローチする成分です。
ユズ果実エキス くすみのもとになる古い角質を除去するピーリング効果と皮膚にうるおいを与える効果があります。
セラミドEOP 特に乾燥肌や老化皮膚に適しています。肌の弾性を改善する、ヒトの皮膚由来と同一のセラミドです。

副作用の危険度:当サイトの基準で記載

新しい化粧品を使う時は成分も気になりますよね。

メリフバームクレンズにもどんな成分・気をつけなければいけない副作用が入っているのか、調べてまとめてみました!

分かりやすいように表でまとめてみましたが、メリフバームクレンズには良くない副作用などは含まれていないようですね♪

メリフバームクレンズは美容皮膚科医との共同開発されているので、管理も徹底しています。

医薬部外品ですし8つの無添加なのでお肌にも優しいんですね。

また、市販のクレンジングによく含まれている、エタノール・シリコーン・鉱物油・香料・着色剤・パラベン・紫外線吸収剤・旧表示指定成分は含まれていません。

実際に私も使ってみたところ、敏感肌ですが特に肌トラブルもなく使い続けられていますよ♪

安心して使えるバームクレンジングを探している人には、メリフバームクレンズはぴったりでしょう!

メリフバームクレンズの公式サイトはこちら